スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの選ぶ東野圭吾No.1


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
寒い。急に寒くなりましたね。
冬服は実家に置きっぱなしにしてるので、暫くは重ね着で我慢するしかなさそうです。
ところでこのブログ、最近の傾向がどうも野球ネタが集中しているようなので、今日からはじまる「読書週間」にちなんで東野圭吾NO.1をupしておこうと思います。

勝手にランキング付けして、
第5位に「赤い指」、第4位に「手紙」、第3位に「容疑者Xの献身」、第2位に「白夜行」と来たわけですが、第1位は意外と知らない人は多いんじゃないかなという作品です。はい、「悪意」ですね。

いつものように概要を・・・『人気作家の日高邦彦が殺害された。日高の友人であり、童話作家である野々口修は、事件の第一発見者でもあった事から、自身が見聞した顛末を手記にまとめ、事情聴取にやって来た担当刑事に提示する。だが、結果的にはその手記の齟齬が原因で、彼の犯行、日高殺害が暴かれてしまう。犯人、野々口修は、隠蔽工作の一環として、その手記を著したのであった。野々口は、犯行の一部始終を告白したものの、動機については多くを語ろうとしない。なぜ彼は、日高邦彦を殺さねばならなかったのか?幾重にも仕掛けられた罠と心理トリック、複雑で深遠な謎に加賀恭一郎が挑む傑作長編ミステリ。』


この作品の凄さは、上記概要のトリックや構成もさることながら、結末の意外さだと思います。
めっちゃびっくりしますよ。読者の推理を大きく裏切ってくれますので。やっぱ東野圭吾は天才やなー。と一番感じたのもこの作品です。
「悪意」のタイトルも短いながらも、絶妙です。人間の心の闇、深層心理、ドローっとした読後感もいいですね。
いやいや、こんな拙い感想じゃ伝わりませんので、是非とも読んで下さい。
あ、とことん明るい人は好きじゃないかもです。普段無理に明るく振舞っているおっさんは沁みましたよ。



昨日、道尾秀介「光媒の花」を読み終えました。売れっ子作家さんの作品です。
キムタク主演ドラマの「月の恋人」の原作者ですね。あんまり面白くなかったので途中で観るのやめましたが。
で、「光媒の花」ですが、ネット等で絶賛されている程は感動しなかった。というのが率直な感想。
全6章それぞれに主人公は異なるものの、実は微妙にリンクしている手法などは巧いと思います。
まあ、好みは人それぞれなので、好きな人は好きなんでしょう。


ちなみに、これから読もうとしているのは「桐島、部活やめるってよ」です。
気が向けば感想書きますね。


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント、ありがとうございました。

あさ○さん、

かんじの漢字を間違うとは、感じええなあ。
スペック、今やってるドラマで一番かも。「あれ」練習したのね。あくまでもゴマカシ技ですよ。

あっ…

難しい『漢字』って書きたかったんです…

『感じ』じゃなくて…

桐島…

部活辞めるんだぁ~…ふぅ~ん…そっかぁ~…(笑)

今日パー練で今やってる面白いドラマ&面白い本の話になって、読書&ドラマ好き某氏によると『悪人』(原作)、ドラマ『スペック』らしい

あたしドラマあんまり観ないし、『字』ばっかりの本を読んではいけない病(笑)だから、予告や番宣情報しかないからついていけんかった

練習しろってかいやいやしてるよ(笑)
ちゃんとあれやってきたし『分』がいっぱい練習
ってか、ブログ難しい感じがいっぱいだぁ~
FC2カウンター
プロフィール

circle plus

Author:circle plus
倉敷市在住、38歳のおっさんです。
Tromboneを週に2回ほど吹いてます。
楽器を吹くことよりも、一杯やってる方が好きです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3011位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。