スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大相模戦1-9@甲子園


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
嫌な予感は的中するもんなんでしょうか。見事な惨敗であります。
おっさん以上に高校野球好きな同級生・T郎から甲子園行きを誘われていたのですが、同行していたら帰りは愚痴の言い合いになっていたでしょうな。
試合後、いつも戦評を報告してくる彼から電話が鳴ることはありませんでした。

思い出すだけで腹立たしい昨日の敗戦ですが、夏の選手権終了後「ああ、こんなこともあったなあ」と思えるように前向きに振り返りたいと思います。

おっさんの予想通り東海大相模の先発は、公式戦初登板の2年生左腕・庄司君でした。
おそらく敵将・門馬監督は「エース右腕は関西打線にタイミングが合わせられやすい」と踏んだのではないでしょうか?
公式戦初登板のただでさえ緊張する状態の新2年生に「いくら点を取られても構わないから思い切り投げてこい」と送り出したようです。
片や、関西・江浦監督はエース堅田君に「立ち上がりさえ気を付ければ大丈夫」と助言したとか。
奇策を用いながらも選手に重圧をかけないようにした門馬監督に対し、「そこ」が崩れたらどうすんねん?の江浦監督。もうこの時点でかなりの差があります。

1回表・関西の攻撃、1アウト満塁のチャンスで策なく打ての指示。(結果得点なし)
1回裏・東海大相模の攻撃、ピンチの場面でタイムすら取らずそのまま選手に賭けた関西ベンチ。(結果2失点)
しかも、1点もやれない前進守備を敷いたせいで、逆に傷口を拡げる結果に。(序盤の失点はまずいと思ったか、確実にワンアウト取る姿勢は無し)
その癖に、その後の攻撃も「いつでも打って取り返せる」「外野の頭を超えるような長打狙い」。
相手の外野守備陣形は常に深めなのに・・・。
対する東海大相模の打者は「高めの球を上から叩く」「走者に出たら常にプレッシャーをかける」「自分がアウトになっても進塁打を打つ」。
そりゃ、こんなんじゃ勝てるはずがない。

2回裏・東海大相模の攻撃でこんな場面もありました。
1アウトランナー2塁時にピッチャーゴロ。この場面、「2塁走者を牽制しつつ、1塁で確実にアウトを取る」がセオリーです。
しかし、2塁走者を「振り向きもせず」1塁に投げたことで、走者は楽々3塁へ。
その後のファーストゴロはピッチャーのカバー遅れのせいで、手痛い3点目を献上。
「もう何やっとんねん」ですよ。選手同士で指摘し合えないなら、監督が一喝しないと。
こんなの明徳・馬淵っつあんなら、絶対許さないでしょうな。

今回の敗戦、はっきり言って勝負云々の問題ではなく「野球の質」の違いです。
今までの甲子園での敗戦、去年の神宮大会・明徳義塾戦の敗戦で一体何を学んできたのでしょうか?
いつもは悔しい。残念。と思ってきましたが今回は情けないし、腹が立ってしょうがない。
もうしばらく甲子園出なくていいから(といいつつも応援するのだろうが)根本的に何が足りないのか考えるべきでしょう。
これだけの敗戦しておきながら言うのも何ですが、「打つ」「投げる」の育成能力は全国屈指なんです。
高校サッカー作陽の野村監督も「全国で勝つために」武者修行したと聞きます。絶対的に足りない何かを補うために何かを始めないとまた同じことを繰り返すのは眼に見えています。

お願いします。死ぬまでに一度は全国制覇。岡山の高校野球マニアの切なる願いです。


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

circle plus

Author:circle plus
倉敷市在住、38歳のおっさんです。
Tromboneを週に2回ほど吹いてます。
楽器を吹くことよりも、一杯やってる方が好きです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3052位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。