スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔いっ放しとO111とブラピ@大阪vol.1


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
GWの終盤、前日450㌔走行した老体に鞭打って大阪へ。
ホテルに到着後、各々チェックイン。残念なことに憧れの人とダブルベッドで添い寝とはいきませんでしたが、まあ、それはよしとしましょう。
夕方6時の飲み会まで時間がありましたので、環状線野田駅に程近くあるかつての上司・ブラピ課長(ホントは笑瓶)が経営されている立ち飲み屋に赴くことにしました。
店をオープンされてから3年余りでしょうか。機会に恵まれず今回が初顔出しになります。

手ぶらで「こんちは」という訳にも行かず、「梅田で手土産でも買っていくか」と大阪駅に降り立つと・・・人、人、人・・・。それもその筈、この日は大阪駅ビル(ルクア)のオープン日だったんですね。(4日と5日で93万人の来客とのこと)
ただでさえ、人混みの苦手なおっさん。入場制限している施設への入店は避け、梅田阪急で土産の物色をすることに。
が、ここも時速2㌔ほどしか動けない混雑ぶり。ここで第一の酔い「人酔い」であります。
やっとこさ地下までたどり着いたものの、菓子も×、食べ物も好みが分からんから×、となると残るは酒の一点のみ。
まあ折角ですから「いい、美味しい酒を手土産に」ってのが人情というもの。
日本酒コーナーには、謀ったかのように試飲スペースがございました。ここで第二の酔い「空きっ腹にほろ酔い」が。

その後、環状線でふた駅移動、野田駅へ。事前に場所は調べてありましたのでさほど苦も無くお店に到着。
(疲れも残っていたのか、既に千鳥足)
五六
店内では常連と思しき浪速のおっちゃん達が16時にして既に赤ら顔であります。
店のTVは勿論、阪神巨人戦。(球児がサヨナラヒット打たれると即チャンネルはTVショッピングに変更)
しかしいいですね。この雰囲気。知り合いがいなければ気後れしそうなもんですが、隣のおっちゃん達と雑談に華が咲きます。

「真弓の采配はリトルリーグの監督以下」(それぞれが名将のように野球理論を展開)だの
「生肉で食べてもええのんは、馬だけでっせ」(年齢を重ねると言葉に含蓄があります)だの
「大震災の孤児を受け入れようとしたら、役所に門前払いされた」(その後、この国の仕組みが悪いまで話は発展)だの、
お互いが会話しているのか、独り言を呟いているのか分からん雰囲気のまま、あっと言う間に2時間弱が過ぎました。

あ、ブラピも一応接客はしていたようです。店のビールを飲みながら。
ブラピ課長は私が前の会社に6年間在籍している間、3年強お世話になった方であります。
当時はその圧倒的存在感から「教祖様」と呼ばれていましたね。
変わらずのパワフルなお姿、立ちっ放しでの接客、絶妙なトーク、ご兄妹とのコンビネーション。
お会いできて本当に嬉しかったです。
ただし、飲ませ過ぎですから。グラスに半分残ってるのに次のビール用意されたら飲まない訳にいかないじゃないですか。
はい、この後飲み会あるのに第三の酔い「マジ酔い」の完成です。

おっと、お店の紹介を入れておきますね。
店名;五六 ごろく(ブラピは1956年生まれ)
住所;大阪市福島区吉野3丁目7-16
注意;元々単価が安いので「おっさんの知り合い割引」はありません。


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント、ありがとうございました。

☆otnhm☆さん、

あらホントだ、訂正しておきます。
今度はビアガーデンですな。そちらは自腹でお願いします。

この間はありがとうございましたv-352
またよろしくお願いします(笑)

ワタシも来月また行こうかなと思ってますv-275
「おっさんの知り合い割引き」使わせて頂きます。

1つ訂正がありますねv-521

v-358福島駅
v-357野田駅

じゃないかな!?と…。

手土産、ネタがつきました。
FC2カウンター
プロフィール

circle plus

Author:circle plus
倉敷市在住、38歳のおっさんです。
Tromboneを週に2回ほど吹いてます。
楽器を吹くことよりも、一杯やってる方が好きです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3011位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。