スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明豊戦7-1@甲子園


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
なんとか勝ちました。スコア的には圧勝でしたが、相手投手の乱調と相手打線の拙攻に助けられたこの試合。
内容を振り返る前に、野球以外の話題を先に書きます。

学校に集合後、応援バスに乗車。盆休みということもあり、ブラスOBは多数参戦であります。
・・・と、ここで見知った顔が一人。「駆りだされちゃったのね。よろしくお願いします。」
バスの中は試合前にして既に宴会状態。お昼の弁当もおいしく頂きました。
記念弁当とチケット

甲子園に到着。凄まじい人の多さと凄まじい暑さ。
内野席も
内野席

外野席も
外野席

超満員。この日、満員札止めで球場内に入ることの出来なかった方も多くいらっしゃったようです。

さて試合ですが、先発投手は大方の予想を裏切り初戦と同じく右腕水原君。
二度の死球に怯むことなく、気迫でピンチを乗り切ります。
攻撃の方は、研究の甲斐があり待球作戦が功を奏して、相手投手が自滅するという最高のパターン。
(密かにウチのブラスの爆音と応援団の後押しがプレッシャーを与えたのでは?と思ってます)
守備もエラーはありましたが、要所を抑え大量失点を許しませんでした。
スコアボード

それでも毎度恒例の「苦言」を。
①何故、堅田を出さない?
水原君の疲労は相当だった筈。先発させないにしても、得点差が開いてからは登板させるべきでしょう。
堅田君がいくら経験豊富といえども今大会では未だ登板なし。一度マウンドに立つかどうかで、次の登板の気持ちの余裕は全く違います。
崩れたら再度水原君に戻すとか、間に控え投手を挟むとかいくらでも手はあるでしょうに。
②やっぱり控えを使わないのね。
江浦監督を見ていると、サッカーのジーコ元監督を思い出します。
「良くも悪くもスタメンと心中。控えを出すのは怪我した時か負けを覚悟した時ぐらい」
前にも書いた気がしますが、「どんなに調子が良くても使ってもらえない」では腐りますよ。普通。
③やっぱり粗い。
前半の大量得点の要因は「常にプレッシャーをかけ続けた」から。
じゃ、後半点差が開いても継続すべきでしょ。ここいら辺の脇の甘さが相手に隙を与えることになります。
今までの大逆転負けの原因も全てがこの脇の甘さ。今回もたまたま抑えて勝ったという気がしてなりません。
祝、8強

しかしながら、二試合の相手投手対策と江浦監督の動かない采配がズバリはまって良い流れが出来ているのも事実。
次の相手は中国地方対決・如水館戦。相性的にも堅田君がハマるような気がします。
今まで不振だった関兄弟と佐藤君の打棒爆発と今まで通りの固い守備に期待しましょう。
けど、お互い隣県同士、知りすぎているやり難さからミス続出のグダグダ試合になる予感もしてますが。

ま、ここまで来れば相手は関係なし。自分達の良さを100%出して好ゲームになることを祈ります。
明日は朝5時半に学校集合ですか・・・頑張ろ・・・。


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

circle plus

Author:circle plus
倉敷市在住、38歳のおっさんです。
Tromboneを週に2回ほど吹いてます。
楽器を吹くことよりも、一杯やってる方が好きです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3011位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。