スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう唸るしかありません@あんつく


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
一見さんは躊躇する外観。
あんつく1
ここに来たの、10年ぐらい前だったかな~。
もう、とにかく抜群に美味かったことを覚えています。
さて、多少は口が肥えてきた今、あの記憶は正しかったのか否か。
あんつくメニュー1
料理の説明書きはありません。金額設定はなんとも潔い100円単位。
あんつくメニュー2
料理内容を予習してないと頼みにくいかも。コストパフォ高いっす。
あんつくメニュー3

一品目「そーみんちゃんぷるー」
そーみんちゃんぷるー
素麺ですね。具材はシンプル。
昔の記憶は確かだった!旨い、うますぎる。

二品目「じーまーみとーふ」
じーまーみとーふ
プルップル。ここのじーまーみとーふは他と違う。
ここまででオリオンビール二本消費。

三品目「ポークたまご」
ポークたまご
これも定番ですね。たまご多いのが個人的に好き。
ちなみにポークの缶詰、同じものが倉敷では598円、那覇では298円で売ってました。

四品目「らふてー」
らふてー
らふてーをかじってしまったので大根煮の写真みたいになってしまった。
うん、これはまあ普通かな。

五品目「豆腐ちゃんぷるー」
豆腐ちゃんぷるー
島豆腐使用。本土で市販されている焼き豆腐や絹豆腐とは二味違います。
よく見ると、ほとんどの食器はやちむんですな。

六品目「瑞穂(古酒)43°」
瑞穂(古酒)43°
やちむん徳利に琉球グラス。雑味のない泡盛。43°と高度なのにスッと入っていく。
瑞穂、いいですね。気に入りましたわ。

七品目「ふーちばーのぼろぼろじゅーしー」
ふーちばーのぼろぼろじゅーしー
ふーちばーとはヨモギのこと。このヨモギ雑炊、酒のシメとしては最高。体中に染み渡ります。
他でこれ出している店、知りません。ほろ苦く、大人の雑炊。
思い出すだけで今にもヨダレが出そう。写真、ピンボケしたのが残念ですけど。

八品目「すーちかー」
すーちかー
豚三枚肉の塩漬けを塩抜きしたあと焼いてあります。
恐ろしいほど泡盛によく合います。

九品目「中味の吸物」
中味の吸物
豚の臓物が入ってます。臭みは全くなし。
はい、食べ過ぎですね。
でも、これだけ食べて6,000円ちょっと。やっす~。

あんつく2
配膳のにいにい、厨房のおばあ、どちらも愛想よくありません。
「約10年ぶりに来たんですよ」と言っても「ああ、そう」とつれない返事。

でもそれが逆にここの店のいい味になっている。
どれが本物のと言っても沖縄人ではないからわからない。

観光客受けがいいような店づくりはしていない。
外観、メニュー、接客。もちろん味も。
でも、「これが本当の琉球料理なんだろう」と私は思う。勝手に。

昔と違い、今はすっかり有名店になってしまったらしく、予約は必須。
無愛想でも入りにくくてもいい。絶対またいつか行ってやる。


折角なんで、ワンクリック「ポチっとな。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

circle plus

Author:circle plus
倉敷市在住、38歳のおっさんです。
Tromboneを週に2回ほど吹いてます。
楽器を吹くことよりも、一杯やってる方が好きです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4759位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。